前へ
次へ

ベンチャー企業に転職するメリットとデメリット

ベンチャー企業に転職することは、プラス要素とマイナス要素があります。
あらためていうまでもなく、1社ごとに異なるので一まとめにしては言えませんが、メリットとデメリットをしっかりと理解することは重要になります。
メリットとしまして 一歩先行く価値提供を目標にする会社組織であれば、革新的なテクノロジーやテクニックを経験し、吸収することが可能です。
開発した商品やサービスが現実世界で称賛され、市場が成長することになれば、社会に向けての貢献を感じ取ることができるほか、キャリアをアピールポイントに転職や起業の道も拡大していきます。
デメリットとして商品やサービスそのものが発展途上の状態で時勢に認められないうちは、実益が上がらないことから、仕事を変える場合、スタートした時は年収額のダウンとなる事例が多いといえます。
実績が上がらない状況で、ビジネスが縮小されるリスクもあります。
それから、やりたかったことが困難になるケースもあります。

Page Top