前へ
次へ

ベンチャー企業に転職する場合の良い面と悪い面

ベンチャー企業に転職する場合、魅力と問題点があります。
プラスの面として社員数があまり多くなく、組織そのものが整っていない状態の会社組織が多いことから、1人がいくつもの役割を兼職したり、担当業務に関して責任を負ったりします。
一部分の業務のみならず、広範囲に及ぶ業務のキャリアが積めることそれから、裁量権を持ちつつ勤務することができることがアドバンテージであるといえます。
若い年代のうちから、リーダー並びにマネジャーの位置付けに就く機会もいっぱいあります。
マイナス面として 困難なとき、指示してくれる上司がおらず、全面的に自分自身でクリアしなくてはならないことに苦しい思いをする人も見受けられます。
研修体系が整理されていないケースも少なくなく、各自で学ぶ必要があります。
そして、雑務も個人個人でこなす必要があります。
転職を実行して、専門部門を極めたい人は、フラストレーションを感じるケースもあります。

Page Top